全画面表示を終了する

精霊の王

2020年08月29日

感想をシェアしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSフィード
精霊の王

精霊の王

宇津江広祐

長い長い刻を少女は待ち続けた。売られ、刻まれ、それでも待ち続けた。あるモノと巡り合うために——…。これは人間と精霊の、終わりの始まりの物語。

ローディング中…